副業

【悲報】大学生がブログで稼げない原因を解説【稼ぐコツも解説】

2020年8月5日

悩んでるあなた
大学生の僕がブログで稼げない原因はなんだろう。ブログで稼ぐために必要なことって何?どう改善すれば稼げる?

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 大学生がブログで稼げないのはオワコンだからじゃない
  • 大学生がブログで稼げない原因
  • 大学生がブログで稼ぐのに必要なものは揃っている

大学生はまだまだブログで稼げます。

ブロガーのほとんどが稼げない原因を誤解しているので、それらを具体的に解説します。

実際にブログが伸びない原因がわかれば、それらを改善するだけで伸びる人がほとんどです。

もし大学生ブロガーでブログが伸びない原因がわからない人はぜひ読んでいってください。

この記事を読めば、ブログで稼ぐための正しい方向性や努力のやる方を知ることができます。

ながゆう
早速解説していくよ!

大学生がブログで稼げないのはオワコンだからじゃない

大学生がブログで稼げないのはオワコンだからじゃない

大学生ブロガーだけではないですが、ブログで稼げないと勘違いしている人のほとんどがブログはオワコンと思っています。

しかしブログはオワコンと言われ始めたのは最近ではなく、2018年くらいから言われていました。

オワコンオワコンと言われながらも、結局数10万とか数100万とか稼ぐ人が出てきているのが現実です。

なので今からブログを始める人も今稼げなくてオワコンだからと思っている人も、しっかり原因を知るところから始めましょう。

また、少しだけブログがオワコンではない理由について触れておきます。

ブログで稼げるジャンルはまだまだある

確かにブログのジャンルによっては、稼げないから個人ブロガーはオワコンだねって言われていることはあります。

しかしジャンルというのはオワコン化するものもあれば、社会の進化によって新しく出てくるジャンルがあるのはバカでも分かりますよね。

最近熱いジャンルでいうと下記ですね。

  • ゲーム系
  • 転職
  • IT系

見ての通り、ブログの稼げるジャンルというのは社会のトレンドと密接に関係しています。

しっかり社会の市場調査ができればブログではまだまだ稼げる。

注意ポイント

今やってるブログのジャンルが厳しいジャンルだったとしてもやめる必要はありません。経験というのは稼ぐことより大切。まずは今やってるサイトを成長させつつ、ブログのノウハウを溜めよう。溜まったら新しいジャンルで再挑戦

広告費はまだまだ伸びる

ブログは広告費で稼ぐものなので、日本の広告費がどう伸びているのかを見ればオワコンではないことはわかります。

日本のWeb広告費比較

上記は2018年と2019年の比較ですが、確実に伸びていますね。

またブログの広告形態は下記の2つ。

  • 成果報酬型
  • 検索連動型

先ほどのグラフを見ればわかりますが、この2つの形態も伸びていることがわかります。

こういった面でもブログはオワコンではないことは明確です。

大学生がブログで稼げない原因

大学生がブログで稼げない原因

大学生がブログで稼げない原因は下記の3つ。

  • 作業量が足りない
  • ブログの基礎を知らない
  • 努力の方向性が間違っている

初心者ブロガーのほとんどが当てはまっています。

まずはあなたのブログが稼げない原因究明から始めよう。

大学生がブログで稼げない原因①作業量が足りない

ブログで稼ぐのに必要なのは作業量のみと言われるくらい作業量は大切。

ブログで稼げている人の作業量は平均1,000時間以上。

その内訳は下記。

  • 記事執筆(リライト含む):750時間
  • ノウハウ学習:250時間

ざっくりこんな感じ。副業ブロガーの場合、1日平均3~4時間くらい作業している人がほとんどです。

大学生だとこれ以上の作業は可能ですよね。

作業量が足りないと成果が出ないのはどの分野でもそうですが、ブログはそれが顕著ですね。

大学生がブログで稼げない原因②ブログの基礎を知らない

ブログは作業量だけでなくノウハウも大切。

  • SEO
  • 稼ぐ仕組み
  • 記事の書き方
  • 収益の方程式
  • 案件の選定方法 etc...

他にもありますが、少なくとも上記の基礎くらいは知っておきましょう。

悩んでるあなた
基礎ってどこまでだよ、、

そう思うかもしれませんが、僕なりの基準としては「ネットに出回っているノウハウ」は基礎知識です。

無料で出回っている程度なのでそこまで貴重なノウハウではないっていう判断です。

なので徹底的に調べ上げつつ、作業量を大切にしていこう。

調べるのがめんどくさい方は『nagayuublog』を見れば全てまとめています。

大学生がブログで稼げない原因③努力の方向性が間違っている

ブログではありがちですが、努力の方向性はしっかり定めたほうがいいですよ。

例えば、メンター選びとかですね。メンターというのは参考にする人とか師匠みたいな感じ。

稀にTwitterとか見ていると、特にちゃんとした実績はないけどなんか凄そうだからと言って、メンターにしている人がいます。

そうなると成功確率は落ちますよね。

しっかり実績と信頼がある人を選び、その人がやっているようにやれば努力の方向性としては最適です。

また、数字の追い方も間違っている人が多い。

ブログを始めてない人にはわかりにくいですが、ブログで稼ぐための方程式として「アクセス数 × クリック率 × 成約率 × 案件単価=収益」というのがあります。

それぞれが低かったり高かったりするのには確実に原因があります。

伸びしろのない数値を伸ばそうと思ってもなかなか伸びないのは当然ですよね。それでも伸ばそうとしている人がいます。

なので数字をしっかりみて、自分が今何をやらないといけないのかっていうのは見る必要がありますよ。

大学生がブログで稼ぐのに必要なものは揃っている

大学生がブログで稼ぐのに必要なものは揃っている

大学生は時間もあるしお金もボチボチあるし、ある程度自由度が高い。

こんなにブログをやるのに適した時期を過ごせるのは大学生くらいです。

あとは作業をする意気込みだけ。

時間をうまく使おう

大学生は時間の自由度が高く、ある程度自分なりに1日のスケジュールが立てられる。

だからこそしっかり管理して、ブログをやる時間を決めておけば1日4時間くらいは取れますよね。

僕が実際にやっている学校がある日の時間管理は下記です。

  • 6時:起床
  • 6時15分~:記事構成作成
  • 7時~:ご飯、身支度
  • 8時~:学校(隙間時間はブログ関連の作業)
  • 17時~(日による):夜飯、風呂など
  • 18時~ブログ作業
  • 22時~:再度風呂
  • 22時30分:ブログ作業
  • 0時:就寝

ざっくりこんな感じ。

休憩時間などがあるので、実質の作業時間は6時間くらい。ほぼブログですね。

僕は作業が好きなタイプなのでこれくらいストイックですが、1日4時間作業できれば充分です。

特に隙間時間にできることって超大切なのでそこは意識しています。

ながゆう
休日に関しては10時間ほど作業してるよ!

時間をかければ月5万はいける

ブログにこれくらい時間を割けば月5万くらいまではいきます。ジャンル問わずです。

もちろんバイトや研究などで忙しい人がいると思いますが、ブログで稼ぐと決心するならバイトは辞めていいかなと思います。

それくらいの覚悟でやれる人は稼げますよ。

もちろん毎月必ず3万くらいは稼いでないと生活できない人は仕方ないですが、時間は有限なのでできるだけ使える時間を増やす努力をしよう。

また、時間の使い方ですが毎日記事を書く必要はないですよ。

リライトだったりKW選定とかやることはたくさんあるので、毎日更新が必須ではありません。

小さなタスクでもこなしていくことが大切です。

【悲報】大学生がブログで稼げない原因を解説:まとめ

【悲報】大学生がブログで稼げない原因を解説:まとめ

今回は「大学生がブログで稼げない原因」について解説していきました。

今回のおさらい

大学生がブログで稼げない原因

  • 作業量が足りない
  • ブログの基礎を知らない
  • 努力の方向性が間違っている
大学生ブロガーの1日(参考)

  • 6時:起床
  • 6時15分~:記事構成作成
  • 7時~:ご飯、身支度
  • 8時~:学校(隙間時間はブログ関連の作業)
  • 17時~(日による):夜飯、風呂など
  • 18時~ブログ作業
  • 22時~:再度風呂
  • 22時30分:ブログ作業
  • 0時:就寝

大学生こそブログで稼げる可能性が高いです。

環境はすでに整っているので言い訳となる要因はありません。あとはあなたが「やる」「今すぐやる」の2択です。

また、ブログにはたくさんの知識が必要と言いました。稼ぐための仕組みを知ってからノウハウを蓄積したほうが効率がいいです。

下記の記事で稼ぐコツを解説しています。ぜひ。

それではこの辺で。

関連記事【簡単】大学生がブログで稼ぐには?【結論:とりあえず始めろ】

関連記事【おすすめ】大学生がブログで書くといい内容は?【ヒント:生活】

-副業

© 2020 Uni log. Powered by AFFINGER5