節約

【意外】大学生は貯金すべきかどうか理由も解説【結論:しなくていい】

【意外】大学生は貯金すべきかどうか理由も解説【結論:しなくていい】

悩んでるあなた
大学生って貯金しないといけないの?貯金しようと思ってもなかなかできないからやんなくてもいいかなって思ってる。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 大学生は貯金すべきか
  • 大学生が貯金しなくていい理由
  • 大学生は貯金せずに自己投資しよう

大学生は貯金すべきだと考えてる人がほとんどですが、それを打ち砕いていきます。

実は大学生の貯金は将来のプラスになることは一切ありません。

実際に多くの大学生はその貯金を在学中か卒業旅行とかで使っちゃいます。

もし大学生のあなたが貯金すべきかどうか悩んでいるなら読んでいってください。

この記事を読めば、貯金の基礎知識と大学生なりのお金の使い方を学べます。

ながゆう
早速解説していくよ!

大学生は貯金すべきか

大学生は貯金すべきか

まずは本題の大学生が貯金すべきかを解説します。

結論:大学生は貯金しなくていい

結論、大学生は貯金しなくてOK。

おそらく大学生のほとんどが金欠でお金が欲しいと思って貯金をすると思いますが、不要です。

金欠だから貯金に徹するは少し危険なのでやめておきましょう。

「貯金=美徳」は古いよ

中学生くらいからお金をある程度使えるようになり、親から「貯金もしなさいよ」と言われると思いますが間違いです。

いろんな理由がありますが、主に下記の理由があります。

  • お金の価値は常に変わっている
  • お金を使わないと経済的に悪影響

経済とかの話は関係ないと思ってるかもしれないですが、結局貯金癖がある人は大人になっても貯金するのでいますぐ治さないと後々大変です。

お金は貯金しても価値は生まれない

そしてお金は使って初めて価値が生まれます。

あなたが100億持っていてもなんの役にも立ちませんよ。

お金を使えば価値が生まれるとは、例えば下記のような感じ。

お金の価値の周り方の例

こんな感じでたった1万円札10枚と10万円のカメラで世の中に30万円の価値を生み出してます。

  • メーカー:10万円の売り上げ
  • 小売店:10万円の売り上げ
  • お客:10万円のカメラ

これがお金の力。

お金が動かなければ、10万円は10万円のままでした。

そしてこの価値は周り回って将来の給料などに反映されるから、結局使った方が得するわけです。

大学生が貯金しなくていい理由

大学生が貯金しなくていい理由

大学生が貯金しなくていい理由は下記の3つ。

  • 大学生は体力と時間がある
  • 大学生は守るものが一つもない
  • 貯金しても無駄なものを買ってしまう

下記で深掘りしていきます。

大学生は体力と時間がある

大学生にはお金より価値のある、体力と時間を既に持っています。

そこに加えてお金を貯めるというのは無駄でしかない。

体力と時間をうまく使うだけでお金は勝手に貯まるので心配しなくてOK。

大人になると体力も時間にも制限がつくので、今のように活発に動くことができない。

足を使って自分の将来のためになることに時間を投資しよう。

大学生は守るものが一つもない

大学生が貯金する理由のほとんどが「万が一のため」です。

あなたの万が一はいつくるの?大学生はもともと守るべきものなんてないんだから、万が一なんてくるはずもない。

なんなら大学生は守られまくっている。

そこにお金という薄いガードを作ったとしてもなんの意味もないですよね。

お金は守るべきものができたときに貯めましょう。それまでは使い尽くして生活を豊かにしていこう。

貯金しても無駄なものを買ってしまう

大学生はお金が貯まったとしてもどうせ無駄なものを買うだけ。

  • タバコ
  • ギャンブル

これらにお金を使うなら貯金した意味がありません。

価値あるものに使ってこそ、貯金したかいがあるものです。

大学生は貯金せずに自己投資しよう

大学生は貯金せずに自己投資しよう

大学生は貯金しなくていいと言っていきましたが、お金が余ったら何に使えばいいか分かりませんよね。

結論としては、自己投資していきましょう。

自己投資は最強の貯金法

貯金したいなら自己投資しましょう。

自己投資は今はお金や時間ばかり減るばかりですが、将来の自分にとって価値のあるものに変化してくれます。

  • スキル
  • お金
  • 資産

こんな感じ。スキルとかに自己投資すれば最強ですね。無限にお金へと変換し続けることができます。

将来にスキルとか資産となるようなものをお金とは別の形で残しておくことこそ、最強の貯金法です。

今からお金に変えられるものにお金を使おう。

自己投資するには資金を用意する

自己投資にも初期費用は大切なので、まずは節約とか無駄遣いとかをなくしつつお金を作ろう。

最初の自己投資には30,000円ほどあればOK。本とかも余裕で買えるし新しいことも始めやすい額です。

今まで無駄遣いとかしてた人はそれを全て自己投資に回せばいいので、1ヶ月以内くらいには始められますよ。

節約もいいですが、今の生活を質を落とすと疲れそうなので自分なりにお金の浮かせ方を決めておこう。

無駄遣いのなくし方に関しては『【幸福度UP】大学生の無駄遣いをやめる方法【浪費先とその理由も解説】』にて詳しく解説しています。

節約術に関しては『【現代風】一人暮らし大学生の節約術5選を解説【ケチこそ最強】』にて詳しく解説しています。

お金が浮いたら即自己投資

そしてお金が浮いたら即自己投資する癖をつけよう。

節約とか無駄遣いをなくせたら毎月お金が浮くはずなので、生活に困らないくらいは残しつつ後は全額ベットです。

他の投資とは違って自己投資は還元率は高いので、多めにベットしておけばそれだけ得します。

注意ポイント

世の中には自己投資のために買ってはいけない、超高額教材とかがあります。1つ数十万とかです。これらは自己成長のためには全く必要ないです。大学生が将来豊かに生活したいなら本とか1,000~10,000くらいの教材で十分です。

【意外】大学生は貯金すべきかどうか理由も解説:まとめ

【意外】大学生は貯金すべきかどうか理由も解説:まとめ

今回は「大学生は貯金すべきかどうか」を解説しました。

今回のおさらい

    大学生が貯金しなくていい理由

  • 大学生は体力と時間がある
  • 大学生は守るものが一つもない
  • 貯金しても無駄なものを買ってしまう

大学生にはお金より価値のあるものをたくさん持っています。

それらを有効活用するためにお金はたくさん使おう。無駄遣いもたまにはいいですが、基本は自己投資です。

また、自己投資には様々ですが大学生におすすめの自己投資先があるので下記の記事で解説しています。

それではこの辺で。

-節約

© 2020 Uni log. Powered by AFFINGER5